Company

会社概要

弊社では、「どんな製品でも、できないものはない」
という会社をめざし、日々努力しています。

お取引先のニーズにこたえられるよう図面1枚から材料をそろえ、
溶接・切削・塗装・メッキ・梱包までを含む形で、製品として取りまとめています。
弊社には、プレス部門、板金部門、組立部門の3部門があり、まずは板金部門でプレス製品の試作品を作り、プレス部門で量産品に導きます。

板金の製品も数量が増えてきたときなどは、プレス部門でも対応できるようにしています。
組立部門ではコードの配線、基盤の取付梱包まで行い製品出荷いたします。
弊社を信頼して色々な製品を発注してくださっているお客様、そして、製品の技術を評価してくださっている皆様に感謝とお礼を申し上げます。

経営理念 1 人間尊重を基本とし、常に優れた製品とサービスを提供しゆとりと豊かさを求めて社会発展に貢献する。
2 創業以来の歴史を糧とし、常に創造的な考え方を培うと共に大きな希望と情熱を礎として、更なる躍進に向け前進を続ける。
商 号 有限会社 行田製作所
創 立 昭和40年8月
所 在 地 群馬県高崎市吉井町矢田693-1
役 員 代表取締役 行田 正巳
従業員数 30名(男性20名、女性10名)
工場敷地面積 総面積:5,356㎡
第1工場:1,665㎡
第2工場:302㎡
事務所棟:336㎡
駐車場:1,485㎡
取引先 エスイーシーエレベーター株式会社、タテヤマアドバンス株式会社、株式会社ジャオス、双信電機株式会社、スターテング工業株式会社、株式会社アタゴ製作所、ウエットマスター株式会社
業務内容 精密板金加工、プレス加工、組み立て加工
エレベーター部品、メンテナンス用部品、コンビニエンスストア、スーパーなどの店舗什器、自動改札、駅のホームドア、医療機器(MRI)、太陽光発電等のノイズフィルターケース、建材部品、小型エンジン部品、4WD部品、4WD自動車、ロールバー部品、ATM部品、ATMキャビネット

History

会社沿革
昭和40年(1965年)8月 富岡市小桑原に於いて創業プレス加工開始
昭和50年(1975年)4月 事業拡張の為、甘楽郡甘楽町金井に移転
昭和54年(1979年)4月 板金加工開始
昭和60年(1985年)6月 金型加工開始
平成 2年(1990年)5月 資本金500万円、有限会社 行田製作所で法人となる
平成10年(1998年)8月 NCパンチレーザ複合機導入
平成11年(1999年)4月 優秀板金製品技能フェア機械的結合を主体とする組立ての部「金賞受賞」
平成20年(2008年)2月 品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」の認証を取得
平成21年(2009年)3月 曲げ加工データ作成自動CAM Dr.ABE_Bend導入
平成23年(2011年)7月 高崎市吉井町矢田に新工場を移転
平成29年(2017年)6月 第二工場、第三工場竣工
カナダより工場視察有り
視察の様子はこちら
本社工場
第2工場
第3工場

作業風景